Play out of doors!

Ask me anything   the composer's vivi.astlabe blog.
小さなことから大きなことまで、基本的に日常ブログです。作曲家ですっ!

Official HP
-->http://www.viviastlabe.net/<--
作曲家の他にも色々やっているなうでやんぐな感じの人だと言われたいです。

twitter.com/viviastlabe:

    Ocean Made with #fragmentapp #ocean #sunset

    Ocean Made with #fragmentapp #ocean #sunset

    — 2日前
    #fragmentapp  #sunset  #ocean 
    Pianoteq4 !!

    Piamoteq4を買いました!今まではサンプリング音源のピアノやら、外部の音源のもの使っていたのですが、立ち上げるまでにお茶が飲めてしまうというね。。。笑

    そこで気になっていたのがpianoteq4!!
    サンプリングみたいにどばーっとHDDを取られないモデリング。容量20MB(公式はこうでした)、入れた時は35MB、でも”笑”いいよGBじゃないし”笑”CD一曲のwavより小さいし”笑”

    買ってDAWのデフォルトテンプレートにセットしておいてもパッと立ち上がってくれる!最高!

    でも普通に弾いているだけでcpuを結構食うのです。やはりモデリングじゃからかのう…

    以下は個人的なレビュー!

    サンプリング音源の場合、やはり録音しているだけあって、空気感というか、音に”空気が入っている”というか。

    でもモデリング音源の場合はスピーカが発音部というイメージ。決して音が悪いわけではないし、綺麗なのだけれど、もしかしたらこれをマイクでとったらいいのかも?とか思ったりもします。

    Pianoteq4になってFree add onのものも使えるのですが、D4(スタインウェイ).K1はやはり別物(特にD4と後述のBlüthner)。Free add onのErard.pleyel.Bechstein.は、普通に使うにはこのD4のモデリングの音を聞いた後ではキツい。ので是非プログラムをリビルドして欲しいです”笑”

    ここまで立ち上がりが早いプラグインも少ないですし、何よりこんなのまで٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ ってなるほどのピアノのブランド量。もちろんヤマハ?(確かではないYC5という名前)もモデリングしてあるでござる。

    K1はどこのモデルだろうか…

    そしてなんと…!!Blüthnerがあるんです!これはもう涙ちょちょぎれるレベルで、6500yenちょっと出してアドオンとして買わないとなのですが、絶対買う!!ってなります”笑”

    pianoteq初代がでてから劇的に音が変わったなーと思います。
    もちろん本物にマイキングして良いマイクプリ使えたら勝てない…

    そして以外にも練習用にmidiを記録しておいてくれるのですが、ちょろちょろーって弾いてる時に「は!これ曲になる!!」ってなった時。

    昔→DAWを立ち上げ、ピアノを待つ→録音

    今→そのまま引き続ける

    後々そのmidiを再生すれば引っ張れるのでその点はすごい大事。もう本当にこれは重宝します。

    やはりスピードとDAW連携でみるならpianoteqは本当に優秀なプラグインだと思います!!

    おしまい(●´ω`●)

    — 5日前
    #Pianoteq  #Bluthner  #pulgin  #DAW  #Compose  #作曲 
    マルチなクラウドサービス(色々な意味で”笑”)

    私はものを使う時、UIを非常に重視する。

    それはすごい単純で使ってる時にイライラしたくないからです。

    で。今はMicrosoftさんのOnedrive(旧Skydrive)を利用している。んだけども、やっぱり容量とかすごい気にしてます。譜面やら、デモやらが混在するし、何より何か送りたい時、例えばAさんにデモ送りたいって時にいちいちメールで送らなくてはいけない。。。これは非常にだるい”笑”

    そこでクラウドサービス比較っていうのを見てみた。

    http://octoba.net/archives/20140202-android-feature-cloud.html

    そこで見つけたのがcopyというクラウドサービス。

    これは?と思って、早速使ってみた。

    UIは慣れれば見やすい。かな?でもひと目でなんとなくわかるってのはすごい大事だと思います。

    で、このサービスの特徴は友人を招待すると5GBクラウドに増えるという仕組み。もちろん登録した相手のメアドはわからないんだけど(相手の名前だけは表示されるのです)
    で、相手も5GB増えるっていうなんとまぁ”マルチ”笑”これはどうなんだよっていう…ね。

    あ、それで、ちょうど友人に楽曲のエフェクトの種類を送らなくてはいけなかった。pdfにしてcopyにあげる。で、そのファイル”他のファイルは見られずに”ダウンロードできるように設定…

    できた”笑”

    うぉ、これデモとか送る時、デモ作っといたから聞いといてって他のファイルは見られずにできるやん!!ってすげー思いました”笑”

    使い勝手はほぼdropboxと一緒。メアドと名前で登録という仕組み。

    気になる方はこちらから↓

    https://copy.com?r=CYtnsy

    人気ブロガーの方はこれで1TBの容量を確保していました”笑”

    ——-

    反面。これは何を代償にしてるのかって考えた。Googleの場合の個人情報を持っていかれるけど、
    これはたぶんメアドで人と人のつながりをデータとして持っておこうという考えなのかもしれない。友人なら、とかそういう考え方なのかなぁ?と思ったけど、果たして真意はどうなんだろう?ね?

    日本語ではない点が若干嫌がられる部分ではあるとは思うけど、でも僕でも大丈夫な英語が多かったです。かわいいアイコンもお気に入りの一つ!!

    Macユーザーの方は10.7以上が必須環境です。

    — 1週間前
    #copy  #cloud  #クラウドサービス  #dropbox  #バンド用 

    Patite Suite (I. Bleu)
    Compose:vivi.astlabe.
    pf:Arina Iwamoto.
    If you want to play this then contact to me. and I will send Score at E-mail. Please contact my homepage or twitter thank you.

    — 3週間前
    #SoundCloud  #vivi.astlabe  #Piano  #original 
    動いたぁ;;

    えー雑記でございます。

    Ableton Live9+KeyLab49でいくぞ!と決定してから早二ヶ月”笑”

    トランスポートがきかない。。。

    おうふ。。。二ヶ月悩まされました。

    Protoolsでは効くのになんでぇ…と思い日夜ArturiaのKnowledge baseに通いました。

    http://www.arturia.com/evolution/smf/index.php?topic=15601.0

    上記のページで動いた!のです!もう感無量。

    でも、protools使うときはまたバンクから呼び戻さないといけないっていうだるさ。まぁそれくらいいいわ。むしろプロツーに関してはキーボードで操作すること多いし。。。オーディオばっかだし。

    でもでもAbletonはMIDIが多いからいちいち鍵盤類から手を離して止めるという作業が多いのでかったるかったり。

    そんなこんなKeyLabのトランスポートでのお悩みは吹っ飛びました。あざすben arturia。

    参考にしてやる方は自己責任でお願いします!!

    — 3週間前
    #Ableton  #Live9  #keylab  #transport  #トランスポート